• ホーム >
  • 白さと優れた機能性の向上~メタルフリー~
  • 中
  • 大

機能性にもこだわりながら、白く美しい歯を実現

機能性にもこだわりながら、白く美しい歯を実現

メタルフリーは歯の見た目(審美性)を重視した診療メニューですが、当院では機能性の向上についても妥協せず、こだわりを持って取り組んでいます。機能性とは、快適な付け心地でしっかり咬めること。特に咬み合わせの調整については重要視しています。咬み合わせの乱れは虫歯などの口腔内のトラブルのリスクを高めるだけでなく、全身の歪みにも繋がってしまうため、歯科診療において非常に大切なポイントだと考えています。

ご存知ですか?銀歯のリスク

銀歯には、「金属アレルギーの原因になる」といったリスクがあります。単に見た目が悪いだけでなく全身の健康に影響する可能性があるため、注意が必要です。

銀歯のデメリット

  • 金属がイオン化して体内に取り込まれることで、金属アレルギーを起こす可能性がある
  • プラークが付着しやすいため、虫歯や歯周病の発症リスクが高まる
  • 天然歯よりも硬いため、咬み合う歯にダメージを与えることがある
  • イオン化した金属によって歯茎が黒ずむことがある
  • 金属の土台の場合、歯周病などで歯茎が後退すると金属が露出してしまう

セラミックを使うことのメリット

セラミックは自然な歯の色や質感に近いため、まったく目立ちません。また、金属ではないため金属アレルギーのリスクもありません。

セラミックのメリット

  • 金属アレルギーの心配がない“メタルフリー”
  • 歯茎が黒ずまない
  • 見た目が天然歯そっくりで気にならない
  • 耐久性に優れている
  • プラークが付着しにくく、虫歯や歯周病のリスクを抑えられる

取り扱い素材紹介

セラミックインレー 費用6万円~(税別)

セラミックアンレー 費用8万円~(税別)

フルジルコニア 費用11万円~(税別)
セラミックのなかでも審美性・強度ともに最高品質の素材です。
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★ フルジルコニア
メリット
  • 天然歯のような透明感と白さ
  • 強度・耐久性に優れている
  • 極めて変色しにくく、美しい白さが保てる
  • プラークが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 天然歯よりも硬いため、咬み合う歯にダメージを与えることがある
※当院では咬み合わせを重視した治療を行うため、このデメリットは回避できます
ジルコニアフレーム 費用13万円~(税別)
中心部(フレーム)にジルコニアを使用し、周囲に高品質のセラミックを盛りつけます。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆ ジルコニアフレーム
メリット
  • 天然歯のような透明感と白さ
  • フレーム部分の強度が非常に高い
  • 変色しにくく、美しい白さが保てる
  • プラークが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 装着時に歯を削る量が比較的多い
  • 周囲のセラミックは若干欠けやすい
e-max 費用10万円~(税別)
強度に優れた高品質のセラミック素材です。
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★ e-max
メリット
  • 天然歯のような透明感と白さ
  • ジルコニアフレームなどで盛りつけるセラミックよりも強度が高く、欠けにくい
  • 変色しにくく、美しい白さが保てる
  • プラークが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 複雑な色つけには限界がある
  • 元の歯の色が表面の色に影響することがある

症例紹介

※画像をクリックすると拡大します。

オールセラミックと矯正をしたケース
  • オールセラミックと矯正をしたケース
  • オールセラミックと矯正をしたケース

矯正期間:2年
通院回数:4~5回

メタルボンドからオールセラミックに変えたケース
  • メタルボンドからオールセラミックに変えたケース
  • メタルボンドからオールセラミックに変えたケース

矯正期間:2年
通院回数:4~5回

銀歯からセラミックアンレーに変えたケース
  • メタルボンドからオールセラミックに変えたケース
  • メタルボンドからオールセラミックに変えたケース

矯正期間:2年
通院回数:一歯につき2~3回

保険のCRからマイクロCRに変えたケース
  • 保険のCRからマイクロCRに変えたケース
  • 保険のCRからマイクロCRに変えたケース

矯正期間:2年
通院回数:一歯につき2~3回

歯の色を白くするホワイトニング

歯を削らずに、色を白くする方法です。当院では以下のホワイトニングを行っております。
※銀歯や人工歯は白くできません。

ホワイトニングコーディネーターが施術します

ホワイトニングコーディネーターが施術します

当院のホワイトニングはスペシャリストであるホワイトニングコーディネータが行います。ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会が行っている認定制度で、ホワイトニングへの知識や技術を認められた歯科衛生士のみに与えられる資格です。施術に関することや、施術後のアフターフォローなども全てお任せください。分からないことなどは、お気軽にご相談ください。

歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で白くする「オフィスホワイトニング」

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯をすみずみまで清潔にして濃度の高い薬剤を塗布したうえに、特殊な光をあてて歯を白くする方法です。一度の施術である程度の効果が得られ、さらに数回の施術で理想的な白い歯を実現できます。白さの後戻りが比較的早いですが、急いで歯を白くしたい方にはおすすめの方法です。

リスク:しみる場合がある
費用:15,000円(税別)/1回
回数:2~3回の継続治療が必要

ご自宅で白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅で白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅で白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅で白くする「ホームホワイトニング」

ご自宅にて自分のペースでできるホワイトニングです。最初に検査をしてから歯科医院で、お口に合ったマウストレーを作製します。その後、ご自宅でマウスピースに低濃度の薬剤を注入し歯に装着します。毎日一定時間、じっくり薬剤を浸透させることで、後戻りの少ない白い歯が手に入ります。

費用:3万円(税別)/1セット
回数:個人の回数による

症例紹介

ケース①
  • 術前
    オールセラミックと矯正をしたケース
  • 術後
    オールセラミックと矯正をしたケース

神経を取って黒くなった歯を白くする「ウォーキングブリーチ」

  • 神経を取って黒くなった歯を白くする「ウォーキングブリーチ
  • 神経を取って黒くなった歯を白くする「ウォーキングブリーチ

歯の神経(歯髄)を取った後に黒く変色した歯を白くする方法です。根管治療終了後に歯を白くする薬剤を入れます(2~3回)。その後土台となるファイバーコアを入れて、最後にマイクロCRで蓋をして完成です。神経が死んでしまった歯にも有効です。

費用:5,000円(税別)/1回
回数:2~3回の継続治療が必要
※根管治療後にファイバーコア(3万円~(税別))+マイクロCR(3万円~(税別))の治療及び費用が発生します

症例紹介

ケース②
  • 術前
    オールセラミックと矯正をしたケース
  • 術後
    オールセラミックと矯正をしたケース

まず根管治療を行ってから、歯を漂白する薬剤を入れます。薬剤は2~3回変えます。その後土台となるファイバーコアを立てます。最後にマイクロCRを入れて完成です。

メタルフリーに関するお問い合わせはこちらまで 048-822-1212 浦和駅から徒歩5分/土曜も診療